オペアは暗記必須!オーストラリアの英語:スラング

オペアは暗記必須!オーストラリアの英語:スラング

オーストラリア英語は訛っている。

と言われたりしますが、

おそらくそれはスラングが多くて
理解し辛いというのもあると思います。

有名な”G’day”や”mate” から始まり(注⚠️:若い子はほぼ使いません)

そしてオペア、デミペアとしてネイティブと一緒に暮らし始めると
教科書に載っていない、

まさに聞いた事のない英語に突然出会うことは確実です。

またファミリー内ではパーティなども多くなり
会話の中ではスラングが普通に使われます。

知らないと意味不明な言葉ばかりなので
前もって意味を知っていると役に立つと思います!

例えば日常的に

”Brekky”はbreakfast とか

また“No worries ”はNo problemという意味、

”No drama”もまたノープロブレム!などなど

とにかく普通に使うので、私はオーストラリアだけで通じるスラングだと初めて知った言葉もたくさんあるくらいです。笑

正直ここに長年住んでて思いますが、

もうすでに普通に英語を勉強するよりスラングを知った方がコミュニケーションがスムーズに出来るような気がします。

ということで、いきなり言われても困らないよう

ステイ先で、生活に根付いたよく使いそうな頻出単語を紹介しますね!

オーストラリアのスラングを学ぶ

1. Ta!

『ター!』って初めて言われたら「なんやねん、、」とびっくりしますよね。

これはThank youと同じように使います。ですがとてもインフォーマルなので、日本語の「ども!」や「サンキュ!」みたいな感じで使われます。

目上でしかも雇われているホストファミリーには使わない方がいいかもしれませんが、何かお手伝いをしてあげた時にママが”Ta!”とサクッと言うかもしれません。

私はスーパーのレジなどで急いでいる時など、Thank youと言う代わりに”Ta!”と言ってしまいます。

ちなみにThank youと言えない小さな子どもも最初は”Ta”から始まります。

2. Cuppa

A cup of tea/coffee のこと。

“Do you fancy a cuppa?”とオージーは言ったりします。“Would you like a cup of tea?” の意味。

fancy – で〜したいという、これもまたくだけた表現になります。

3. Macca’s

McDonaldsのこと。

“Can we have Maccas for dinner tonigh?”
(夜ご飯はマクドナルド食べたい)

日本も略しますよね。マックとかマクドとか。

私は関西出身なのでマクドでした。

4. Arvo 

はafternoon です。

“See you this Arvo “
(午後に会おう)

そしてちなみに、アボカドのスラングは”avo”。なので

“Would you Like an Avo this Arvo?” 午後にアボカド一個食べる?

というような返答の難しいユーモアを言ったりもします。

5. Barbie

これは絶対覚えてください。barbecue バーベキューです。

なぜならオージーは頻繁にバーベキューをするから。

“Let’s have a barbie on the beach”
(ビーチでバーベキューしようぜ)

以前ファミリーに『Barbie をするからあそこの公園に来てね』と言われて

子どものバービー人形を持って行ったオーペアさんがいたそうです。笑

6. Esky

barbie と一緒に覚えておいて欲しいのが Esky。

ビールなどを入れるクーラーボックスです。

取手のある物もあり、スーツケースみたいにゴロゴロ引っ張ってピクニックに連れていきます。

オーストラリアのスラングを学ぶ、エスキーEskyとは?

. Bathers

はSwimsuit、水着のこと。もしかしたらシドニーでは使わないかもしれませんが、ここパースでは頻繁に使います。

8.Thongs

ビーサン。flip flopsのこと。アメリカではこの言葉はTバックのことなのだとか。

オーストラリアではビーサンイコールThongsです。

そして人気はやっぱりハワイアナス。

※小さいサイズが少ないので日本から買ってくるのがオススメ。

 

8.Footy

Australian footballというオーストラリアで行われるフットボールゲームです。略してAFL。

オーストラリアでのみのゲームなのでAussie Ruleとも呼ばれます。冬になるとファンはスタジアムでビールとパイを片手にFootyを観戦します。

Screenshot 2020-05-16 19.10.02

9.choccy biccy

チョコレートビスケット。

chocolate = choccy で biscuit=biccy だからです!

特に小さな子どもは『ビッキーちょーだい!』と言うので覚えておいてくださいね。

10.Heaps

A lot, much, many: really たくさんの、という意味。

“Thanks heaps for your help”

11.Mozzie 

Mosquito 蚊のことです。キャンプなどに行って蚊に噛まれた時など

“I got bitten by mozzies” 

と言います。 mozzie biteで虫刺され。

12.Beauty

Great, fantastic の意味。

something really good. クールな新車などを見て

“That’s beauty!” 

と褒めたりします。

13.Big Smoke

A big city, especially Sydney or Melbourne

大都会のことを言います。ワーホリさんがパースの田舎暮らしからシドニーに移動する際

“Are you moving to the Big Smoke this weekend?”

と言われるかもしれません。

14. cop/cops/ copper

警官。

Screenshot 2020-05-16 19.55.14

たまに馬にも乗ってますよ!

15. Postie

手紙や新聞などを運んでくれる、郵便配達員のことです。

自転車やバイクでポストに入れてくれるからポスティ。

なんかかわいいですよね。

 

 

他にもたくさんありますが、オーペアさんが家庭で聞きそうな言葉を集めてみました。

お役に立てたら嬉しいです。😊

 

ということで、

Catch ya later! (= See you later!)

 

 

【英語上達💪オススメ記事】

▶️“I don’t know” の代わりに使えるスラング英語表現

▶️なぜ日本人は英語が話せないのか?レビュー:難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!