オーストラリア オペアさんが知るべき教育制度と英単語

オーストラリア オペアさんが知るべき教育制度と英単語

現地の学校ってどんな感じ?

 

オーペアをするということは、ステイ先の子ども達の学校のことも必然的に理解する必要があります。

例えば日本と違うことは、オーストラリアは親が必ず送り迎えをするので

オーペアのお仕事として小学校の送り迎えを頼まれることもあるでしょう。

(ほとんど徒歩なので車の運転は気にしないでオッケーです!)

そんな時に教育制度のしくみを簡単に知っておいたらよいと思います。

 

学校の時間割と送り迎えが必要なオーストラリア

 

Screenshot 2020-05-14 13.57.13

小学校はだいたい8時45分から3時まで。
なので

『3時までにお迎えに行ってね』(^人^)

と言われることが多いかと思います。
送り迎えに使われる単語

“Drop Off”(送り)

“Pick Up” (迎え)

は覚えておいてくださいね!

まれにホストマザーに

“You don’t need to pick him up from school today because I can do it.”
(今日は私がするのでお迎えに行かなくてもいいよ)

と言われたりもするでしょう。

 

送り迎えのお仕事がある場合は必ず

時間通りに到着し責任を持ち、車に気をつけて帰ってくださいね。

ママ友を作ったりもできますし、この時に子供たちと会話を楽しんでください。

 

 

ちなみに

“How was your day?”

と聞いても、十中八九

“nothing” もしくは “good” と言われるだけなので(笑)

具体的な質問形式がいいでしょう!

"Did anyone do anything funny at school today?" 

(誰か学校でおもしろいことした?)

"Did anybody get in trouble today?"

(今日は学校で誰か問題を起こした?)

などです(^^)

 

日本とは異なるオーストラリアの学期について

 

オーストラリアの学校は2月から始まります。

西オーストラリア州では
School Term(学期)
といって、それが一年に4回、4学期あります。

州によってTerm(学期日程)は異なります。
各学期は10週間程度。

学期の合間にはSchool Holidayと呼ばれる2〜3週間の休みが3回あります。
12月中旬より長い夏休みが2月まであります。

西オーストラリア州のTerm Dateはこちらでチェックできます。
日本の小学校から高校にあたる教育はオーストラリアでも日本と同じように12年間あります

・幼稚園年少=kindy キンダガーテン、

※kindyは週に2、3回のところが多いです。

・幼稚園年長=Pre primary School

※kindyを卒業すれば毎日になります。

 

義務教育は小学校6年、中高一貫6年となっています。

・Primary school

Year 1 (小学1年生) 〜Year 6 もしくはGrade 1 と呼ばれます。

・Secondary high school 

Year 7 から Year 12 まで。

それを卒業後は大学・専門学校
University
Collage (Tafeなど)

となります。

Screenshot 2020-05-15 09.25.18
High schoolに入るとぐんと大人びるオージーキッズたち。

 

ランチ作りはオーペアさんに欠かせないお仕事

 

オーストラリアには残念ながら給食という制度はありません。

なので子供達はみんなお弁当を持っていきます。

この朝のお弁当作りがオーペアさんのお仕事になっていることが多いようです。

その名もLunch box作り。

また通常午前と午後にスナックタイム、いわゆるモーニングティー、アフタヌーンティーがありそれを
recess リセス といいます。リセスに食べるスナックも用意して持っていきます。

ランチ作りは非常に簡単です。
プラスチックの箱にサンドイッチとフルーツ、カットしたリンゴやナシ

小袋に入ったクラッカーやチョコバーも入ります。

 

Screenshot 2020-05-14 13.48.46

↑小さい子にはリンゴはカットした方がベター

 

Screenshot 2020-05-14 13.45.51

↑ランチなんだかお菓子なんだかすでにわからない状態

 

それをLunch Bag (小さなクラーボックス)に入れるのです。

↓こんなやつ。庶民の味方Kmartなどで買えます。

Screenshot 2020-05-15 09.33.30

 

小さい子の学校用のリュックには
このお弁当しか入っていません(笑)

 

そして子供たちが学校から帰宅したら

このお弁当箱をカバンから出して、

洗って次の日に使えるようにします。

たまに

『せっかく作ったのに全然食べてないじゃん・・』(T . T)

と凹むことがあるかもしれません。

そんな時も全く気にしないで大丈夫です。

遊ぶのに忙しくて食べたくない時だってあります。

慣れると簡単なお仕事ですよ!

 

 

 


【オージー英語上達💪こんな記事も読まれています】

▶️オペアは暗記必須!オーストラリアの英語:スラング

▶️レビュー:難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!