現役オーペアが語る、オーペア(オペア留学)のメリットとデメリット

自分に合っているかいないかは、実際やってみてわかること

RISA
RISA

こんにちは、Perthから車で東へ1時間半のBeverlyでオーペアを行っていますRisaです!

ここ最近オーストラリアは冬にぐんと近づき寒い毎日が続いていますね。

オーストラリアのご家庭(特に田舎)には暖炉があることが多いです。
このお家にもあります。

日本だとなかなか暖炉のあるお家はないと思うのでこれも私にとっては貴重な経験です。

外が夜になると少しスモーキーな匂いがするのも田舎あるある。

オーペア体験談メリットとデメリット
暖炉は英語で”fireplace”

今日は私が都会と田舎(Perth cityとBeverly)でオーペアを2つのお宅で経験した上で感じた
メリットとデメリット簡単にまとめてみました。

オーペアとは簡単に言うと、オーストラリア人の家庭で住み込みのベビーシッターや家事のお手伝いをすることです。

あくまでこれは個人的な意見ですが、結論から言うと、オーペアはかなりおすすめです。

でも、

期待してしたことがそうでもなかったり、 逆に期待していなかったけど学べたことだったり

 と、やってみてわかることがたくさんあります。 

あくまで一例として是非参考にしてください。

オーペアの体験談都会と田舎
⬆️上が以前勤めてたオーペア家族の家付近のbeach、下は現在滞在中のBeverly付近のbushです。

オーペアで感じたメリット

オーペアのメリットはたくさんありますが、何より生活費がかなり節約出来ます。

 生活費が0円なので格安で海外留学・ワーホリできます。長期滞在を考えている方にとっては本当にありがたいですね。 

お金の為だけでなく、自分が成長するかけがえのない経験が出来ます。

ホームステイファミリーのお宅でお仕事をするので、1日中無料の英会話レッスンを受けれるなど他にももちろんたくさんメリットはあるので以下にまとめてみました!

【オーペアをするメリット】
  • 何より節約になる!
  • ネイティブの家庭で生の英語を学べる
  • 子育てや家事を通して学びがたくさん
  • 異文化を体験できる
  • オージーの友達が出来る 

オーペアのメリット:滞在費0円! 何より節約できます

現役オーペアが語る、オーペア(オペア留学)のメリットとデメリット メリット1→ 何より節約できます!

家賃が無料、食費もかからない、その上お小遣いがいただける!

RISA
RISA

オーストラリアは物価が高いです!

特に大都市メルボルンやシドニーでは、生活費がかなりかかります。

パースでは家賃が少し低めですが、それでも一ヶ月の生活費は最低でも9〜10万かかります。

 でも、オーペアではホームステイファミリーが全てを支払ってくれます。 

自分で買うものと言えば生活必需品やお休みの日にお出かけする際使うくらいでしょう。

※ただ、この国は外食が高いので毎回休日に外食に行ったり
頻繁にショッピングをしたい方は例外です。

何より普通に滞在費を節約がしたい!という方には
圧倒的に安く滞在できるとは感じています。

ちなみにとにかく節約して英語環境を求めるのであれば田舎はオススメです笑。

この国に来て右も左もわからない、お金もそんなにかけられない、
ならオーペアで3ヶ月スタートも視野に入れてみてはどうでしょうか?

憧れのホームステイが無料で経験出来るので、初心者にもおすすめと言えます。

私は週$200のお小遣いを頂いています。

オーペアのメリット:生の英語のシャワーをネイティブのオーストラリア人宅で浴びることができます!

オペアとしてホームステイすることで、パパママはじめ子供達、お隣のおばちゃん、ファミリーの親戚や友達、学校のママ友など、たくさんの人と英語で話す機会が増えます。

オーペアに専念しているとほとんど日本語を話す機会はないので、ネイティブの英語がどんどん身につくようになります。

オーペアはまさにコミュニケーションが大切なお仕事です。
語学学校に行くことを選ぶ人も多いですが、

この環境だと1日中無料のリアルな英会話レッスンなので私は学校に行くよりも学びは大きいと思っています。

なぜなら生活で使うからこそ学べる英語が多いことに気づきましたし、
学校で学ばない言い回しや単語、嫌でも英語を学んでいけます。

オーペアのメリット:生活を通して子育てや家事などの学びがたくさん

現役オーペアが語る、オーペア(オペア留学)のメリットとデメリット

ベビーシッターと家事を両立することで生きる知恵や子供に対する接し方が明らかに変わりました。

子育てって大変!と自分は口だけでいっていたことがよくわかるくらい、
身をもってそれを痛感したという気持ちです。

また仕事に対する考え方も変わります。

日本だと細かく決められたことを指示されることが多いですが、
この国ではどの仕事もどちらかと言えば

 自分で考えて要領良く行動することを求められることが多いです。 

もちろん可愛い子供たちと過ごせることも大きなメリットですし、子供たちから学ぶことは本当に膨大です。

RISA
RISA

私を育ててくれて現役保育士の母に感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。

大変なことも多いですが、本当にやりがいのあるお仕事です。

オーペアのメリット:オーストラリアの文化を体験できる

S__248160269
イースターホリデー。エッグハントなどをして遊びます。

ファミリーと一緒に暮らすことで、日常生活から祝日などの行事まで新しい体験が増えます。

この国に留学やワーホリに来ていても、なかなか
現地の幼稚園など保護者目線で学校に行ったりすることはないでしょうし、

オーストラリア人としての生活を体験して
日本との違いに驚いたり新たな発見がとても楽しいです。

規模の大きい子供のバースデーパーティーや

やっと日本でも認知されてきたイースター、

この国ならではの祝日アンザックデーやオーストラリアンデーなどなど
日本とはまた違う目線で休日過ごすこともできます。

またPerth cityでは高級住宅街に住み、ここBeverlyではど田舎生活をしていて多くの視点からこの国を体験できています。

S__248160271
昨年のアンザックデーのKings Park

S__248160272
以前勤めてたオーペアの家族の親戚の方の家から見たオーストラリアンデーの花火

オーペアのメリット:ソーシャルの輪が簡単に広がる

現役オーペアが語る、オーペア(オペア留学)のメリットとデメリット ネイティブのオーストラリア人の知り合いの輪が簡単に広がっていく

ネイティブのオーストラリア人の知り合いの輪が簡単に広がっていく

家族と過ごすと家族の家族、
子供の学校の友達やその親、
親の仕事関係の方、
近所の方、またはオーペア仲間、、。

 普通にワーホリとして生活していたら出会うことのできなかった方との繋がりができます。 

例えばそこでオーペア以外の次のお仕事に繋がったり、
エクササイズなどに誘われて新たなコミュニティに参加できたり、
この国は移民の国ですので多くの国の方々に出会える機会もあります。

RISA
RISA

私のオーペア友達は、ファミリーにローカルのファームを紹介してもらったそうです!

せっかくオーストラリアに来たのですから、どんどん輪を広げましょう。

写真はないのですが毎週私は主婦の方々とエクササイズしています。

よいことがたくさんのオーペア(オペア留学)ですが、デメリットも実はたくさんあります。

オーペアで感じたデメリット

よいところが多い半面、人によってはデメリットになることも大いにあります。

他人との共同生活なので、気を遣い過ぎたり、質問があるのにいつ話しかけたらいいのかわからなくて結局お仕事がスムーズにいかない事もあるかもしれません。

私が実際に感じたデメリットですので、以下を読んで自分に合うか合わないか検討したらいいんじゃないかな、と思います。

【オーペアのデメリット】
  • ファミリー優先!
  • プライベートの境目が曖昧
  • 稼げる仕事ではない
  • 体力勝負
  • 気を遣いすぎる人には合わないかも 

オーペアのデメリット:ファミリー優先

どうしてもの理由がない限りは基本的にファミリー優先です。

両親共働きで忙しく、オーペアを雇っている方がほとんどだと思います
(もちろん例外あります)。

何かあったときにフレキシブルに対応が求められますので、お仕事として滞在している以上、笑顔でお仕事を引き受けることが大切です。

無理な連休希望や過度な外泊、過度に帰宅が遅くなるなど家族に心配や迷惑をかける事はできません。

私たちがベビーシッターとして責任をもって子供達をみるように

オーペアファミリーも私たちを受け入れる上で責任を感じていただいていることを

忘れないようにしています。

オーペアのデメリット:プライベートの境目がわかりづらい

オーペアのデメリット:プライベートの境目がわかりづらい

これはオーペアが一番抱える悩みなのではないでしょうか?

幼いお子様がいるご家庭ではなおさら
子供は仕事で私がこの家に住んでいるという事は理解できないのは当然です。

でもいつも子供の言うことを聞いていたり、家族に気を使いすぎていてはオーペアの私たちは疲れてしまいます。

仕事以外のプライベート時間の確保に関して、時にはファミリーに協力していただくということは大切です。

ストレスを感じたらファミリーに相談しましょう。

また気を遣いすぎて、『こんな事言ったら申し訳ない』とか質問しないといけないタイミングに、『忙しそうだから聞けない』といった

いい意味での日本人ならではの『心遣い』、でも『気を遣いすぎて何も言えない』ようになってしまっては円滑にコミュニケーションが取れません。

オーストラリアでははっきり自分の意見を言うことが大切です。

RISA
RISA

日本人とは違い、大半の方は言わないと気づいて下さらないかもしれません。

また、子供には

「私は今リラックスタイムが欲しいからあとで遊ぼうね。」や、

「みて!お母さんと弟が外で遊んでるよ!」と気をそらしたり、

「塗り絵の絵を描いておいたからカラーリングしよう!後で見せてくれる?」

など遊んで欲しいという気持ちを受け取りつつもその子供にあった交わし方をしましょう。

どうしてもわがままを言う時は、5分だけ!と

時間を設けて遊んでしまうことも…

自分が疲れていなければオッケーなのですが、あまりにも頻繁だと自分がストレスになってしまいます。

ファミリーにきちんと相談して、言い聞かせてもらいましょう。

S__248160276
遊んで〜とドアの隙間から訴える1歳児(笑)

オーペアのデメリット:とにかく貯金!お金が欲しい!の方には勧めません

オーペアは稼げません:デメリット。とにかく貯金!お金が欲しい!の方には勧めません

確かに滞在費節約にはなりますが、この2ファミリー目のオーペアではとにかく貯金をと節約しました
(ありがたいことに結構溜まりましたよ!)が、

 シティでのジャパレスや田舎でのファクトリーでがっつり働くほどは当然貯金はできていません。 

ワーキングホリデーの時間は限られていますので
どのように時間を過ごすかは自分次第です。

それに伴うものはどうしてもお金なのでここはきちんと考えた上で行動しましょう。

潔癖症の方にはお勧めできません

子供は遊んで汚しまくるのが仕事!

日本人は海外の方からしたら普通に生活していてもかなりの綺麗好きです。

特に子供は全く気にしないので一緒にいるとただ当たり前のことをしていても汚れます。

赤ちゃんがいるとよだれもすごいです。

慣れもありますが、あまり気にしないよという方なら安心です。

最後に

S__248160279

マイナスをプラスに変える努力を。

これはデメリットではないですが
オーペアをしていると

 学ぶことも多い分悩みも増えます。 

私と同じ日本人同士でさえ、生活環境は各それぞれ違うので一緒に住んで違いに驚くことがあります。

海外ならなおさらです。

自分の当たり前は他人の当たり前ではない。

と考えた上でファミリーと一緒に生活をしています。

ファミリーと過ごす上で抱え込まず相談することが大切と上記で話しましたが
もしファミリーの方から相談や時には厳しいご指摘を受けた際は素直に一度受け止めてみてください。

やってみないとわからないことや

相手の気持ちになって考えて気づくことたくさんあります。

もちろん人間仕事が合う合わない、ファミリーと合う合わないはあるでしょう。無理は禁物です。

以前のオーペアファミリーは、エージェントを通さず自分で探したのですが、

人に言えば「最悪なブラックオーペアファミリー」だと言われるくらい(私も今思えばそうでした笑)大変でした。

【警告:こんなオーペアファミリーには気をつけて!】

でも、私は何事も挑戦と失敗から学ぶと考えています。

実際それで学んできたことがこのワーホリ生活で良いものとなって自分の成長に生かされていると実感しています。

そしてオーペアはそのファミリーの方々がいるから成り立つ仕事です。

そしてこのファミリーと巡り合うことができたのは
お世話になっているオーペアのエージェント、ゲンキファミリーの方々のおかげです。

自分に関わる全ての方に感謝の気持ちを忘れずに毎日を過ごすようにしています。

デメリットばかり見えてしまう時はメリットを考えて行動すればこのお仕事はきっと自分の中で大きなものとなります。

結論から言うと、オーペアはとても良いお仕事です!!

最後の最後に、以上を見据えて『オーペアに合わないのはこんな人』リストがこちらです。

  • 夜の外出や朝帰り、遊びに行くのが大好き
  • お金を一刻も早く稼ぎたい
  • 共同生活が苦手
  • 子供が嫌い・責任感がない
  • 極度の潔癖性または家事が嫌い

オーペア(オペア留学)に興味のある方の参考になれば嬉しいです!

RISA
RISA

私のオーペア体験談の全てはこちらで読めます!