オーストラリアドル(豪ドル)にお得に両替する方法

オーストラリアドル(豪ドル)にお得に両替する方法

オーストラリアでの支払い方法

オーストラリアはカード社会

「どうやってお金を持っていけばいいですか?」
「どこで両替するのがベストですか?」

とそんな質問をよく耳にします。

とりあえず

基本クレジットカードでの支払いがベスト

とはよく言われます。

オーストラリアでは日本以上にカード社会になっているので、

ほとんどの支払いがカードで決済可能です。

そして長期滞在される方は現地で銀行口座を開いた時に
無料でもらえるデビッドカード。

これのみでほぼ大丈夫です。

ちなみにオーストラリアでメジャーなのは
VISAとMasterCardです。どちらか、またはそれぞれ一枚づつ持っていると困ることはまずないと思います。

オーストラリアでは日本以上にカード社会

ですが、現金が必要な時もあります。

このようにオーストラリアはカード社会ではあるのですが

やはり『現金持ってたらよかったな』と思う時があります。

例えば、、

  • カフェや道沿いの小さなお店など

クレジットカードを利用する際、最低$5〜$20は使わないといけない
”Minimum Spending”(=最低利用料金)
が決められているところが結構あります。

なぜならオーストラリアでは
お店側がクレジットカードの手数料を支払うかどうかと
その場合、客が利用する最低料金を決めることが法律でオッケーとなっています。

カードや場所によって1.5%〜2.9%の手数料を店側は支払ってくれることになるので
『最低これだけは買ってね』と決めてるようです。

$4の商品を売って、店側が$1の手数料を支払わなければならない場合
利益なんてほとんど無くなりますよね。

そして最低利用料金がある店とない店、それはどうやってわかるのか?

というと、必ずレジ横に

”Minimum spend policy of $10 per card

という感じでサインが出ているのでチェックしてみてください。

  • 駐車場で機械での支払い

駐車場での支払もカードが使えますが、

なんと2.5%の手数料を取られたりするので
これでお店側の気持ちがわかります。
(駐車場代$4なのに$5チャージされるので”ええっ?”て思います)

こんな時は絶対現金持ってたらよかった、、と後悔。

そして少し田舎の方に行くと
支払い方法現金のみ、『Cash only』なお店も案外結構あったりします。

また路線バスも現金のみ、フェスティバルに出る屋台も現金のみのお店は多く、シェアハウスなども現金支払いが多いと聞きます。

先ほどもお伝えしたように、オーストラリアはクレジットカード利用手数料を客側に請求するのは合法。

店によっては手数料を上乗せされるケースがあるので注意してください。

スーパーやコンビニ、ファーストフードチェーンなどは店側側が払いますが
高級レストランやホテルなどは手数料を上乗せされることがあります。

これもレジ横に注意書きがあるのでチェックするようにしてくださいね。

  • 極め付けはタクシー

空港から乗りますよね。

その場合5%の手数料をクレジットカード利用で自動的に取られてしまいます。

特にパースは空港からの電車などがなく、バスはわかりにくい上に乗り換えなどが大変で
荷物も多いだろうしでタクシーが一番ポピュラーです。

私もオーペアさんには空港からの移動はタクシーをオススメしています。

そんなこんなで、到着後やはり少しは現金があった方が安心です。

海外留学オーペアお得に両替する方法

どこでどうやって両替できるか

ぱっと思いつくのは銀行や空港でしょうか。

しかし結論を言うと

日本の銀行や日本の空港で両替されることは全くオススメしません。

外貨両替とは為替レートという「1現地通貨あたり何円」という値に
何%かの手数料が上乗せされて、受け取る外貨の金額が決まるのですが

それが各金融機関、両替窓口で異なります。

つまり、どこで両替するかによって損得が大幅に変わってきます。

日本の銀行などは通貨によっては、 一度の両替で10%以上の手数料をとるものもあります。
民間企業なので何でもありという印象です。

またオーストラリアの空港もお手軽ではありますが
「空港にあるイコール高額な家賃を支払っている」というだけで手数料が高くなります。

レートのよさそうな街中やシティの両替所がよさそうですが
到着後それを探したりわざわざ慣れていない土地で出向いたりするのも面倒ですよね。

何より日本から現金は用意して持って行きたいものだと思います。

オススメは日本でWEB取り引き可能なこちらのサイト。

外貨両替もオンラインで簡単に注文できる時代となりました。

何とWebで注文して外貨を家まで宅配で届けてくれます!
それを外貨宅配サービスと呼び、いくつかあるようですが

実際私が利用して、ここでオススメしたいのは

外貨両替マネーバンク

マネーバンクはオンラインでの取引のみ。
オススメの理由はレートの良さがトップクラスだからです。

私も何度か利用してかなり満足でしたので
以下詳細を説明しますね。

money bank

手数料が格安で口座開設は必要なし、宅配は全国どこでも送料無料。

実は私も数年前に、日本に一時帰国した際どんどん円高になっていったので
日本円を豪ドルの現金にして、オーストラリアに持って帰りたいなあと思った時
この会社を発見しました。

なので一時帰国の度に為替レートのよい時があればお世話になっています。

最初は本当に豪ドル来るのか、、詐欺じゃないよね、と結構ドキドキでしたが

(レートが良すぎるので母親はニセ札が来るんじゃないかと心配してました。笑)

本当にすぐに自宅に郵送してくれました。
しかも(多分)新札で。

すごい!便利!さすが日本!!と感心したものです。

自宅でも空港の郵便局でも局留で配送してくれるそうなのでとっても便利。

※レートがよいとはつまり円高のタイミングということです。
市場の為替レートはインターネットで簡単に調べられます。

例えば、私の印象では豪ドルは通常1ドル100円というイメージで
このようなレートだったとします。

【参考レート】
▶️円高$1=¥80 (円が強いので両替した時に多くの豪ドルに両替できる)
▶️標準値$1=¥100
▶️円安$1=¥110 (円が弱いので両替した時に豪ドルは少なくなる)

短い期間で為替レートは大きく変化しませんが、

2015年あたりは1ドル100円くらいでしたので、

2020年に入り森林火災やコロナの影響で
現在超円高ドル安、1ドル74円(2020年6月13日)の今と

5年前とを比べたら留学生にとって
1年の平均の出費額は下がったはずです。

マネーバンクでの外貨両替の方法

両替方法はとっても簡単です。

公式HPへアクセス後、円を外貨へ両替したい場合は「外貨を買う」ボタンをクリック。

IMG_6291

会員登録をしてもしなくても申し込み可能です。

海外に行く機会が多く、たくさん利用するなら
登録しておけば同じ個人情報を毎回入力しなくてすむので便利です。

IMG_6292

とりあえず『登録せずに申し込む』をクリックすると
通貨を選択する画面が出て、数量を指定します。

IMG_6293

今現在なら何とこちらのサイトでは
74,980円でAU$1000が両替できてしまうんですね。

そして銀行や空港よりも平均して7370円もおトクとなっています。

同じ画面で支払方法や取り扱い銀行を選択し、次の画面で
個人情報などの必要事項を記入し、入力確認ボタンを押します。

その後、確認メールが届くので
入金確認後発送となります。

実際にみずほ銀行のサイトでたった今レートを調べてみたら

$1なんと82.15円。※2020年6月12日現在

同じ$1000受け取るのに、

支払うお金は82,150円(+手数料?)

と、やっぱり本当に7000円以上変わってくるんですね。

Transferwiseの注意点

  • 外貨宅配注文は日本円換算で7万円以上からになります。 (とは言っても、オーストラリアに旅行や留学、長期滞在するなら物価が高いので7万円くらいは両替するでしょう。)
  • 外貨両替は紙幣のみになります。コインは対応していません。
  • 現在は注文時間が、8:00~22:00までに限定されています。
  • レートが良く人気なので在庫切れで入荷待ちになる時もあります。

為替レートや一番お得な両替方法をいちいちチェックしているワーホリさんや
留学生がいるのかわかりませんが、

実はこの「ドルに対しての円の価値」の差を知ることで結構損得が大きいので
このブログを読まれた方、特に語学学校に大金を支払う方などは
是非チェックして節約してくださいね。

Screenshot 2020-06-13 20.39.09

私がオススメするおトクな外貨両替はこちら↓

その他のワーホリ節約術オススメ記事
✅節約のためワーホリを自分で準備してみようワーホリ必見!英語を学習しながらお小遣い稼ぎ。気軽に無料で出来るアンケートサイト。