“I don’t know” の代わりに使えるスラング英語表現

"I don’t know" の代わりに使えるスラング英語表現

英語で何か質問されて『わかんない』という場面は意外と多いもの。

何と答えたらよいのかわからない時に

“I don’t know.” や “I’m not sure.”

と答えてしまいますよね。

 

⚠️ちなみに” I don’t know”は

全く持ってわからない、というイメージで

“I’m not sure”

だと何となくはわかるけど、それが合ってるかどうか確実ではない、という感じです。

なので

“I’m not sure, but I guess…”

と自分の意見を続けると自然です。

 

Screen Shot 2020-05-06 at 9.03.44 am

 

という事で何か聞かれる度に『アイドンノー』を繰り返すのも飽きてくるので、

オーストラリアのスラング的な

現地で生活していたら出くわす確率の高い表現を掲載してみました。

 

オーペアのご家庭内で、

オージーのお友達、同僚から聞こえてくること間違いなし!

 

“Dunno”を使えればこれであなたもネイティブに!

 

“Dunno”

= “I dunno (don’t know)”

は家族や仲良しの友達の間で使われます。

あえて片仮名にすると

『ドノ』的な感じ。

I don’t know が長いから省略された模様。

メールやテキスト、チャットなどにもサクッと使えます。

あ、でも失礼なのでオーペア先のホストマザーなどには使わないでくださいね。

 

ティーンネージャーの子どもとの会話などで出てきそうなイメージです。

 

dad: What do you want for dinner tonight?
son: Dunno.
パパ:ディナー何がいい?
息子:分かんない。

 

そして分かんないってどういう事よ?

という会話に発展します。笑

 

“clue”を使った表現もよく使います。

 

そして(学校では教えてくれない?)よく使うものとして

I don’t have a clue

Clueless

(Have)no clue

“clue”はヒント、糸口のような意味。

子どもにクイズを出していて、

ヒントちょうだい!と

“Can you give me a clue?”

と言われたりもするので覚えておいてくださいね!

 

例えば

 

dad: Do you know who won the game?
son: No clue.
パパ:あの試合誰が勝ったの?
息子:全然しらない。

というように使われます。

 

他にもたくさん代わりの表現がありますよ

 

Screen Shot 2020-05-06 at 9.24.57 am

 

その他の表現。

(Have) no idea

(It) beats me

(I) can’t help you there

Don’t ask me

God (only) knows!

No one knows (except for God).

Lord (only) knows

How should I know?

It’s all Greek to me

Who knows

(It’s a) Good question!

Your guess is as good as mine

Not as far as I know

Not make heads of tails of something

 

学校では教えてくれないスラング ”the hell”。

 

How the hell should I know?!

これは”How should I know?” 

なんで私がそんなことを知っておくべきなんだ

的な意味に

“the hell”を追加して

『そんなの知るわけなんかないじゃん』

的に多少苛立ち💢を表現しています。

やはり上司とか目上の方には使わない方がよいかもしれません。

 

Screen Shot 2020-05-06 at 9.30.58 am

 

ちなみにGoogle翻訳を使うと

『地獄はどのように知っておくべきですか』

と出てきてしまうので

こういうものに頼らないでくださいね!

 

【英語上達💪こんな記事も読まれています】

▶️日本で英語の授業を、英語で、無料で受けてみよう。
▶️レビュー:難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

1 Trackback / Pingback

  1. You made my day!ってどういう意味? – GENKI Familiesのオーペアブログ

Comments are closed.