コロナでワーホリ・留学を延期。今日本で身につけるべき事11選

コロナ禍で2020年の3月から入国禁止のオーストラリア。

まだまだ出国の目処が立たない上、SNS上では『カンタスが予約を開始したので7月には』や、『今年の末までには』といった噂が流れています。

ノリコ
ノリコ

オーストラリアに住んでいても全く先が見えない状況なので、「いつになったら渡航できるんだろう・・・。」という不安を抱えているあなたに
今日本で出来ること、やるべきことを理由とともにを紹介します。

この期間を今後の海外経験を何十倍もよいものにする時間だと前向きに考えてくださいね。

この記事は今一体何をすればいいのだろう?ワーホリに行く準備は何から始めればいいのだろう?と疑問に思っているような方向けです。

オーストラリアではスキル命

コロナでワーホリ・留学を延期。今日本で身につけるべきスキル

異国の地で、どうやって生きていくか、自分がどうありたいかを強くイメージしてみましょう。

もちろん人それぞれ、夢や希望があると思いますがここオーストラリアで重要な事をお伝えします。

それはズバリ、

スキル(経験)と英語力です。

 オーストラリアで働くにはスキル命。 

面接時にどれだけその分野でのスキル、経験があるかどうかを一番に見られます。

雇用者にとっては日本で有名な大学に行った事なんて興味はありません。むしろ大学名なんて知らないですよね。

スキルがあれば、運がよければバイトからビジネスビザのスポンサーにもそのままなってくれます。

実際うちの夫のビジネスですが、経験のある働き者の日本人をバイトから雇って、会社がスポンサーになりビジネスビザを取得されました。
今は永住権を取得して幸せに暮らしています!

ノリコ
ノリコ

オーストラリア人も子供は14歳になったらバイトをさせるべきと考えてる親が結構多いです。

なぜなら高校を出て大学に行こうが、専門学校に行こうがその後の就職でもどこかでバイトをしたっていう経験がないとなかなか雇ってくれないから。

ワーホリで渡航する人が身に着けるべきスキルと最低必要な英語力

コロナでワーホリ・留学を延期。今日本で身につけるべきスキル

ワーホリでは様々な職種に就く事が可能ですが、 一番仕事をゲットしやすいのがレストランやカフェなどの接客業 でしょう。

でもこれらも日本で少しでも経験があると、お給料のきちんともらえる『ブラックでないレストラン』に雇ってもらう確率が高くなります。

特にアジア人経営のレストランなどは今だに『試用期間は時給$13ね』とズルズルと働かされる事があるので、全く経験がないと足元を見られてしまいます。

※ローカルジョブなら最低賃金は$19.49です。

という事で、今日本で出来る事リスト。

  1. 日本でバイト経験を積んでおく
  2. 接客英語を勉強する
  3. 好きな事を勉強する、資格をとる
  4. 海外で出来る専門性のある仕事を極める
  5. 英語のコツ;とにかくリスニングに集中
  6. 意識して英語漬けの生活をする
  7. 行きたい土地について調べまくる
  8. ビザ取得・保険、飛行機等を調べる
  9. とにかくお金を貯める!
  10. 運転免許を取得する
  11. 価値観が同じ人・意識が高い人達の近くにいる

以下で詳しく説明します。

そして英語力は基本的な簡単な会話ができれば大丈夫です。中学程度の単語や文法はマスターしてください。

実際、英会話って基礎的な単語でできてるから難しく考えない方がいいよ!
現地で実践で学ぶ方が手っ取り早いです。

ノリコ
ノリコ

❶日本でバイト経験を積んでおく

コロナでワーホリ・留学を延期。今日本で身につけるべきスキル

やはりスキル命なので、レジュメ(履歴書)に書ける実務経験を積んでおく事を強くオススメします。

接客業なら近所のカフェ、大学近くのレストランや何でも構いません。

また面接では『そこでは具体的には何をしたのか?』と聞かれるので、接客からレジ係まで、色んな業務にチャレンジしてみましょう。

これで英語が慣れた時期にはジャパレスだけではなく、お給料の比較的高い、観光地や高級住宅地にあるカフェ、バーやレストランなどローカルのお仕事に応募することができますよ!

❷接客英語を勉強する

ワーホリの約9割はジャパレスなどの接客の仕事から始めると思います。

接客英語を知っておいて損はありません。

EnglishForMyJob.comというサイトがあります。

英語ですが、ここにレストラン・カフェ・ホテル・清掃員などが覚えるべき英語が掲載されています。

クイズ形式になっているので、勉強しやすいと思います。

こんなレストランでの会話例などが学べるよ:

  • Are you ready to order?
  • The soup of the day is “Cream of Broccoli.”
  • I’ll be right back with your drinks.
  • I’m sorry, we’re fully/completely booked. ( = we have no free tables) right now.

また他のオススメはオンラインの英会話レッスンの無料レッスンのハシゴを受けること!

私もやってみて、オススメをこちらに紹介していますので参考にしてくださいね。

❸好きな事を勉強する・資格をとる

繰り返しますが、ワーホリ先で一体何をしたいのか、どうありたいのか渡航前に具体的にイメージしておきましょう。

英語をペラペラに話せるようになりたいのか、自分はただ『ホリデー』としてオーストラリアを一周したいのか、どちらにせよ今自分が出来る精一杯の事をするしかありません。

フリーランスとして自分の得意分野で収入を得る事も可能。今スキルのある方はどんどんそれをブラッシュアップしていきましょう。

専門性があれば世界中でどこでも通用します。

最近はオンラインで自分の好きな時間に勉強が出来て資格が取れるので、ぜひ自己投資をオススメします。

>>30日で資格を取ってプロになれる通信講座

❹海外で簡単に働ける職種を見極める

専門的なスキルがあれば、ネット掲示板やSNSなどで自分を宣伝出来ます。

日本人の比較的多い都市、シドニーやメルボルンなどでは駐在さんや在住者がお客さんとしてリピーターとなってくれる事もしばしば。

【こんなスキルがあれば現地でも強い】
  • 美容師
  • ビューティシャン
  • ヨガティーチャー
  • デザイナー
  • 日本語教師
  • シェフ・寿司職人
  • 通訳・翻訳

もしこれらの仕事を今日本でしているなら、世界中で通用します。どんどん経験を積んでいきましょう。

❺英語のコツ;とにかくリスニングに集中

さて、いくらスキルがあり、専門性があっても海外で仕事をするには、また旅行をするにしても一番重要なのは『リスニング』です。

指示を聞く事が出来ないと何も出来ませんし、忙しい時には何度もリピートしてもらう時間もないかもしれません。

また、難しい単語をひたすら覚えるのも実生活には意味はありません。

そこで、英語で会話をしたい!という方全てに読んでもらいたい、今私が一番押している本です。

ワーホリ・留学に役立つ情報まとめとオンライン英会話キャンペーンリンク集
海外ドラマはたった350の単語でできている

Kindle 楽天ブックス 楽天kobo

スピーキングをどうやって伸ばせばよいか?と悩んでいる方全てにおすすめします。勉強方法がレベルに合わせて紹介されているので、伸び悩んでいる方などにもオススメ。

 海外ドラマ・映画からネイティブの英語を学ぶのが一番の近道です。 

❻意識して英語漬けの生活をする

①ネット検索は英語でする

日常生活で行うネット検索・ネットサーフィンを英語でしてみましょう。パソコンの言語設定を英語にするのもオススメです。

②スマホの設定言語を英語にする

英語一つとっても、いろいろな種類があるので行き先の国を選べばよいかと。

こうする事で、iphoneのsiriだと英語で質問したり、回答する事ができます。

③英語で考える

「今日の予定は何?」「明日友達とはどこへ行こう?」などなど、頭の中の思考を英語で考えるようにします。

④英語で独り言

独り言はオススメです!独り言は、イメージトレーニングのようなもので、実践時のいざという時に使えるように、癖になるまでやっても大丈夫です。

⑤英語学習アプリを入れる

スマホを見たら、英語学習アプリを立ち上げるように意識してみましょう。スキマ時間の10分でも、毎日続ければちょっとづつ力はついていきます。

英語スピーキング・無料でできる発音矯正おすすめアプリ

❼行きたい土地や滞在方法について調べまくる

ワーホリ中にやりたいことを紙に書き出してみてください。

それに沿って、「渡航計画書」を書いてみましょう。自分は海外で一体何をしたいのか、をとことん考えて準備をしていきます。

行きたい土地があればネットで調べ、どんな見所があるのかや気候などを調べます。

ワーホリ・留学エージェントの無料説明会やセミナーに参加するのも視野が広がってオススメです。
ワーホリには無料でサポートを行ってくれるエージェントが沢山存在します。

また滞在方法を調べるのも大切です。ホームステイ、学校の寮、Airbnb、バッパーやYHA、ホテルなど、予算と相談して調べてみてください。

❽ビザ取得・保険、飛行機等を調べる

❾とにかくお金を貯める!

ワーキングホリデーの出発前までに貯めておくべき費用は一般的に100万円ほどだと言われています。

2019年よりオーストラリアのワーホリビザ申請時には英文の残高証明書が必要になりました。($7,000〜)

残高証明書のための貯金(最低でも50~60万円) は必要ですが、現地ですぐに仕事が見つかるか、気に入った予算内のステイ先が見つかるかなど、何があるかわかりません。

オーストラリアは物価がとにかく高いです。

時給が$20近くなるといえども、物価が高いのでもしもの為にも日本で出来る限りお金を貯めておく事を強くおすすめします!

(10)運転免許を取得する

運転免許はこの広いオーストラリアで持っていても損はありません。

もしもセカンド、サードと3年間ワーホリを続けるとしたら必ず車を所持したいと思うようになります。

またファームでも運転免許があると便利なので、今のうちに取得しておきましょう。

>>オーストラリアで車を購入。免許の取得方法と運転で注意する事

(11)価値観が同じ人・意識が高い人達の近くにいる

新しい挑戦をする人を馬鹿にしたり、『何をしに海外に行くの?』とドヤ顔で語る人が周りにいます。

 自分が挑戦したい事に対して、失敗すると言っている友達がいれば上手にフェードアウトしていきましょう。 

やってみたい事を素直に応援してくれる人の周りにいるのがベストです。

ワーホリ経験者、先輩移住者がいれば相談してみたりするのもモチベーションがあがってオススメ!

ノリコ
ノリコ

という事で、環境も大事!
今できる事はたくさんあるよ。勉強やアルバイトを中心に、国境が開くまで精一杯自分の可能性を広げてくださいね。
私も皆さんのモチベーションを上げる為に頑張ります!