年間で100万円セーブ可能?!生活費¥0のオーペアは本当に節約出来るという件

費用がネックでワーホリに踏み出せない人が多いらしい

ワーホリに行くにはお金がかかりますよね。。

巷ではなんと、 『ワーホリに行くには大体150万円くらいは必要、しかもこれはアルバイトをした場合による』 
と言われているようです。

バイトをしない場合はさらに必要。
結構かかるんですね!

ノリコ
ノリコ

でも、ワーホリ資金の問題で悩んでいる方って、『語学学校+ホームステイ』の予定があるからこそだと思います。

以下はあくまで目安ですが、1年滞在するとして平均的にこれだけのお金が支出として消えるということです。

ホームステイを抜いたとしても合計で何と約191万円。

旅費や交通費、お友達と遊びに行ったりももちろんするので娯楽費などを含めればさらに出費が重なります。

ビザ申請料金3万5千円
往復航空運賃7~10万円
海外留学保険(年間)20万円
学費(4ヶ月)50万円
宿泊費(12ヶ月分)約72万円
(月6万円×12ヶ月)
食費(12ヶ月分)約36万円
(月3万円×12ヶ月)
合計の支出約191万円
学費+生活費約158万円

学費と生活費は1年滞在の大きな額を占める

滞在費・食費が無料になるオーペアは本当に節約出来ると改めて感じた件

そうなんです。上記の表を見てもらうと

学費+宿泊費+食費が何と158万円を占めています。

【語学学校の学費とホームステイ】
平均的に入学金は200ドル前後、授業料は約400ドル/週ということですが、場所やコースによっては学費は高くなる場合も。 (平均約50万

⚠️そして多くの場合これにホームステイをつける方も多いので、週$250~$300。4ヶ月間ホームステイをするとさらに約35万円の出費となります。

そして生活費。平均的なシェアハウスに2〜4人で住み、食事は自炊メインで外食をたまにするという設定でオーストラリアで1ヵ月生活した場合にかかる費用は、日本円で月に約9万円~14万円程度です。

【宿泊費と食費】
【宿泊費】
住む都市やシェアハウス 、バッパー によって変わってきますが、一番安いのはシェア。それでも月4〜6万はかかります。年間約72万円。
【食費】
ライフスタイルによって大きく変わってくるでしょう。オーストラリアは外食は高めですが、自炊をすればかなり節約出来ます。 平均で月3万以内に抑える事も可能ですが年間では36万程度。

学校に行かないという選択を取ったとしても、
オーストラリアで生活していく上で生活費はどうしても削れません。

オーストラリアで生活費を削る方法をお教えします

年間で100万円セーブ可能?!生活費¥0のオーペアは本当に節約出来るという件

宿泊費と食費が0円になるという新しいプログラムが『オーペア』です。

オーペアとはホームステイの新しい形。ステイ宅のお子様のお世話や家事のお手伝いをしながら、生の英語を学ぶというプラグラムです。

オーストラリアのオーペアは最長1年同じファミリーの元で働けるので、長期滞在が可能。もし1年間続けた場合は、通常かかる生活費100万円以上が節約出来ることになります。

実際今まで1年間続けられた方もたくさんおられます。

またミニマムステイ(最低ステイ期間)は3ヶ月(12週間)。ワーキングホリデー1年の滞在中、

3ヶ月でも体験すれば27万円は節約出来ることになりますね。

子供が好きで英語を伸ばしたいという意欲のある方はチャレンジする価値があると思います。

経験者からはオーストラリアでしか出来ないかけがえのない思い出になったとたくさんの素晴らしい感想を頂いています。

 オーストラリアのファミリーの中に入って、家族の一員として一緒に住み、異文化体験ができ、長期滞在が可能な、お給料もいただける、魅力のあるプログラム。 

英語で簡単な受け答えが出来、子供の面倒を見るのが好きな方なら、生活費無料の上、お小遣いも週$200頂けます。

子供の面倒を見た経験がないんですけど・・

ご心配なく。子供の面倒の経験がなく、家事が得意な方はデミペアとして生活費0円で生活が可能です。

一人一人の様々な希望や特性に合わせてファミリーをマッチングしております。

相談、質問などいつでも受け付けております。

オーストラリアのオーペアエージェントGenki Families

またこのブログでは「オーペアとは何?」「実際に何をするの?」「英語はどれくらい必要なの?」とたくさんの疑問に少しでも参考になるよう、実際のオーペア体験談を歴代オーペアさんに投稿して頂いています。

興味のある方は是非読んでみて、メリットやデメリットも参考にしてみてください。

現地パースでお会いしましょう。(^^)